流れと注意点教えます離婚弁護士に離婚相談を行うには

離婚弁護士に離婚相談を行う際には自分の意志をしっかりと決めてから相談することが重要です。弁護士に話を聞いてもらってから最終的な結論を出そうと考えている人は少なくありませんが、弁護士には様々なタイプの人がおり、基本的に離婚をするように勧める人と関係を修復しようと考える人と大きく分けて二通りの人がいます。どちらに相談するかによっても結論が大きく分かれるほか、慰謝料等の問題においても大きく結論が分かれてしまうことが少なくありません。 そのため弁護士に相談する際には事前にその内容と自分自身が希望する結論をしっかりと決めてから相談することが必要です。またその際に自分自身の結論を裏付ける根拠となる情報もしっかりとまとめてから相談するとより良い結論を得ることができます。

離婚の原因を明確にして相談しましょう

離婚弁護士が相談を受ける際にはその関係が修復できない理由がどこにあるのかという点を非常に重視するものです。そのため相談の流れとしては離婚したい理由をしっかりと弁護士に説明し自分の希望する結論を明確に示すことが重要です。これを受けて弁護士は依頼者が希望する結論を導くことが法的に可能かどうかについて調査を始めることになります。 この際に弁護士が具体的な解決方法を模索する流れとして、依頼人の説明が法的に根拠のあるものかどうかを確認する手順があります。例えば浮気をしている場合その浮気の証拠が実際に確認可能かという点について非常に重視するためこのような結果を容易に導くことができる根拠を用意することが大切です。その後最終的な結論に向けて調査を行うため、相談する場合には離婚の原因を明確にすることが重要です。

慰謝料については相場を相談しましょう

離婚をする場合に最も気になるのが相手方から慰謝料をいくら取れるかという点です。その慰謝料は基本的には様々な離婚の判例で決まるため、単に希望額を言ってもなかなかその希望が通ると言う事は難しいものです。離婚弁護士の中には相場を外れた慰謝料を請求することを提案する人もいますが実際の裁判になった場合には大幅に減額されるかもしくは全く慰謝料を請求できなくなってしまうケースも少なくありません。 そのため良い弁護士を探すポイントとして相場に見合った慰謝料を請求し適切に裁判を行い実績をあげている人を選ぶことが大きなポイントになります。離婚相談の流れはまず良い弁護士を見つけるところから始まるため、自分の求める結果を導くために実績のある誠実な弁護士を選ぶことが重要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加